10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

オリーブオイル工場へ潜入!

2014.11.08 (Sat)

現在、トスカーナに滞在中。

トスカーナと言えば・・・いろいろあるけれど、まずはオリーブオイルは有名産地です。
生産量の多さはプーリア州に譲りますが、品質と有名度で言えば、イタリアの中でもナンバーワンと言えるでしょう。

オリーブの収穫は10月中ごろから始まって11月中旬ぐらいまで。
中には、もっと熟するのを待って収穫する方法もあるようですが、今のこの時期はオリーブ収穫の真っ最中です。

そんな恵まれた時期にトスカーナにいるのですから、フラントイオ(搾油所=オリーブオイル工場)を見学しなくちゃ!!

というわけで、訪ねたのがこちら。


フラントイオ パルランティ 
~パルランティオリーブオイル搾油所~


ss-IMG_9432.jpg


1925年創業、3代続く、おじいさんの代からの家族経営の搾油所だそう。
建物の前にある、この大きな円形のものは、オリーブを細かく破砕する時に使っていた石臼です。

昔使っていた石臼をこうやって飾っているのね・・と、わくわくしながら搾油所に向かいました。

説明してくれたのは、ここの若奥さんの タイさん。
え?どこから見てもチャーミングなイタリアーナの彼女、聞き慣れない名前??
と思っていたら、彼女のお母さんが、Thailandが好きなので、タイという名前になったのですって。

同じアジア人としては、うれしいですが、そういう理由で娘に名づけってありなの???
(日本好きなら、ジャッポーネさんになるところだったわけよね・・)
などなどと思いながら工場に潜入!


まずは、集められたオリーブの実。
今年2014年のトスカーナ州は夏の低温と長雨で、オリーブもブドウも出来が悪くて農家は大打撃。
こちらのフラントイオでも、オリーブの実の集積率は、平年の二分の一以下ということでした。

ss-IMG_9403.jpg



集められたオリーブの葉や枝を、実と選別します。
簡単な金属製の格子があるだけ。
選別器とは名ばかりの、かなり大ざっぱな感じです・汗

ss-IMG_9404.jpg



そのあと、オリーブの実(と、たぶん少しの葉っぱと少しの枝)は、自動的に次の行程へ流れ、回転ミルの中へ。

ss-IMG_9405.jpg



そこで、こんなふうに種ごとざっくりとペースト状にされます。

ss-IMG_9406.jpg



え??種ごと破砕してしまうの??
とびっくりする方も多いことでしょうね。。

そうなんです。
普通のオリーブオイルは、オリーブの実からだけでなく、種も一緒に破砕して抽出します。

そうすることで、手間や時間の節約になり、僅かながら種からのオイルや有益物質も期待できます。
「オリーブオイルらしい」パンチの効いた味になります。

でも、この頃は手間暇かけて種を取り、果実のみから絞り出したオイルもあります。
その方が味がマイルドになり、抗酸化にうれしいフェノール系物質の含有割合が上がると言われています。
オイル自体も、酸化しにくくなり、より高価なオイルということになりますね。



その後登場したのは、こちらのトラディッショナルな石臼です~~!!

ss-IMG_9408.jpg


へ~~!
これってまだ使っているところはあるのね~~! というのが正直な感想。
建物の前にあった石臼は飾りだとばかり思っていましたが、工場内でも本当に使っていたのです!

ペースト状にしたオリーブを、この石臼でつぶし、細胞を細かくしていきます。
そうすることで、固形部分に含まれる、液体の排出を促すことになるそうです。


そのあと、ゆっくりと練り込みをし・・・

ss-IMG_9410.jpg



いよいよ絞る段階になります。
それがこちら・・・

円形のフィルターの間に、オリーブのペーストをはさみ、上からプレスをかけて絞り出します。

ss-IMG_9413.jpg



これまた、実にトラディッショナルでございますぅ~~

話をお聞きすると、おじいさんの代から使っているという機械たち。
大切に受け継がれているのですね。。いまだ現役というのがすごいです。

わかりにくいですが、円盤と円盤の間から、液体がどんどん浸みだしてきています。
これが、オイルと水分の混ざったものです。

搾りかすの固形分は、フィルターの間にたまって残ることになります。

ss-IMG_9414.jpg



そして、遠心分離機にかけて、水分とオイル分を分離します。
オイルの中に水分が残ると、味が落ちるのはもちろん、オイルが傷みやすくなってしまいます。

ss-IMG_9416.jpg


そしてこちらから、エクストラバージンオリーブオイルが、流れ出てきます。
感激的ですよ~~!
オリーブの実から、こんな風に最高純度のオイルが出てくるのですから!

ss-IMG_9420.jpg

絞りたて、生まれたてのオリーブオイル。
美しい黄緑色に輝いています。



若奥様のタイさんが、

「スーパーで買ったオリーブオイルとは、まったく違う味がするわよ」

と言いながら、これまたトラディッショナルな「カメ」から、オイルをボトルに入れてくれました~~!!

ss-IMG_9430.jpg



トスカーナ産、絞りたてのフレッシュなオリーブオイルを、1ℓ 12ユーロで分けていただきました。
為替を考慮に入れずに考えれると、1200円の感覚です~~ ヽ(^。^)ノ


まだ試していません。
家に大事に持って帰って、ゆっくりと味わいます。

近日中に、このオイルの試飲の感想など、アップしたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

20:12  |  オリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルバター

2014.06.20 (Fri)

今日はと~ってもヘルシーで、しかも作り方も超簡単な、オリーブオイルバターをご紹介!

バターは美味しいけど、動物性脂肪だしカロリーが気になるし・・・
マーガリンは問題外!トランス脂肪酸たっぷりで有害なのは欧米では広く知られていて、イタリアではもうずっと前から姿を見ません。日本だけは野放し状態。

じゃあ、パンには何をつけたらいいの・・と思ったらこれ!!
植物成分100%、クリーミーなオリーブオイルバターです。

s-IMG_7290.jpg


基本の材料は4つだけ

オリーブオイル 100cc
豆乳        50cc
塩        3つまみ
レモン汁     小さじ1

あと、あると便利なのがバーミキサーかフードプロセッサー。

s-IMG_7263.jpg


上に書いた4つの材料を、すべて投入!

s-IMG_7265.jpg


これを、バーミキサーでがが~っと混ぜると、あら不思議・・・あっという間に乳化してクリーム状に!!
何度か様子を見ながら撹拌してくださいね。
クリーミーなオリーブオイルバターのできあがり!

s-IMG_7272.jpg


これは基本なので、いろいろ入れてバリエーションを楽しみましょう!

たとえば、ローズマリーなどのハーブ類、粒マスタード、わさび、にんにく、アンチョビ、オリーブ、サーモン、ハム、レモンやオレンジの皮のすりおろし+はちみつ、などなど。

パンにつけるだけでなく、少し塩をきかせて野菜スティックに添えたり、サラダに加えてもOK!

オリーブオイルは、あまり苦味や辛味が強いものより、優しいソフトタイプの方がクセのない味に仕上がります。

ぜひお試しください~!
05:02  |  オリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルソムリエ講座 合格

2014.05.01 (Thu)

オリーブオイルソムリエ講座修了から約1か月。

気になっていた試験結果が・・・・!!!!

「合格」

やった~~~~  ヽ(^。^)ノ

同期のみんなも合格。全員合格です。

みんな必死で勉強したものね~~ほんと、よかった!


合格証とソムリエバッジもいただきました。
ソムリエバッチは、オリーブのしずくのデザイン!可愛いな~~!

IMG_7665.jpg


ディプロマ証明書もいただけるようで、これは少し先。

合格はしましたが、これからがスタート。

オリーブオイルやイタリア料理の広大無辺の世界へ、やっと船を漕ぎだした・・そんな気持ちです。




17:58  |  オリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルソムリエ講座 試験

2014.03.26 (Wed)

オリーブオイルソムリエ講座 最終試験が近づくとみんなそわそわ。

日曜日は授業はお休みですが、前日に模擬試験が配られたので私はそれで1日中勉強しましたよ。

まさに受験生です!

試験科目は、筆記と試飲。

講座のテキストは約130ページで、オリーブのこと全般かなり広く網羅されています。
なにせ、5000年以上もの歴史がある植物ですから・・・オリーブに敬意を表しつつ、一筋縄ではかなわない相手です。


試飲したオリーブオイルは約70種類

ss-IMG_6436.jpg

試験中の試飲では、4種類の中からひとつだけディフェット(欠陥オイル)を見つけ出し、その欠陥の分析、そしてその他3種類のオイルの評価をつけることになります。

同期の仲間とは、

「ひとつのことについて、これだけ集中して勉強をし続けたのって、人生で初めて」

が合言葉に。

何せ、朝の9時から夜の8時まで、昼休みの1時間を除いてすべてオリーブオイル漬け。
それをほぼ1週間続けるのですから・・!


でも、家事も育児もワンコの世話もせずに、自分が好きなことだけに集中できるのは幸せだなあ~。
これは、時間は100%自分のものだった学生の時にはわからなかった幸せ。

快く出してくれた夫に感謝!




22:14  |  オリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルソムリエ講座 同期の仲間

2014.03.25 (Tue)

オリーブオイルソムリエ講座に参加する時、どんな人と一緒なんだろうというのが心配でもあり楽しみでもありました。

実際に同期に会ってみたら、心配することなんて全然なかったということが判明!


まず、オリーブオイルが大好き!という共通点があるから、最初からとてもリラックスして話ができる。


みんなでアパート滞在しているのですが、今日は同期のMシェフが腕を振るってくれることに~!
Mシェフは、イタリアで修行をした後、現在日本でプロのシェフとして活躍している方です。


女性陣は、シェフのお手伝いでソラマメの皮むき

s-IMG_6425.jpg


いただいたのは、春野菜のパスタ!
季節感たっぷり、春野菜の苦味と野菜の甘みが絶妙にマッチした一品でした。
めちゃ美味しい~~~!さすがシェフです。

s-IMG_6427.jpg


1時間弱の短い昼休みに、買い物から始めてランチを作ってくれたMシェフに拍手!
そして、ごちそう様でした~!


22:44  |  オリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。