08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

リコッタチーズとズッキーニのパスタ

2014.07.03 (Thu)

脂肪分が少ないのに、こってりと風味豊かなリコッタチーズとズッキーニの旨みがたっぷりのパスタです。

温かくても、冷製でも美味しいですよ!


ガーリックの風味と粒胡床のスパイシーさが決め手!
リコッタチーズとズッキーニのパスタ


s-IMG_7492.jpg


◇材料  4人分

・お好みのショートパスタ  280g
・リコッタチーズ        250g

・ズッキーニ     中サイズ 1本

・にんにく       小一かけ
・イタリアンパセリ  みじん切り大さじ1
             飾り用、適量

・塩、ブラックペッパー     適量
・エクストラバージンオリーブオイル  大さじ2+α


①ズッキーニをパスタに合わせてやや太目の千切りにし、軽く塩を振ってオリーブオイルでさっと炒める。
②ニンニクをすりおろす。ニオイが気になるようなら牛乳に浸し、気にならないならそのままでOK。
③イタリアンパセリは、飾り用4、5枚を残して、みじん切りにする
④リコッタチーズを滑らかに混ぜ合わせ、その中に②のニンニク、③のイタリアンパセリとオリーブオイルを入れて、さらに混ぜ合わせる。塩を適量入れて味加減を調整。

⑤お好みのショートパスタをアルデンテにゆでる。冷製がよければゆでた後に水にさらして水分をよく切る。
⑥パスタと④のリコッタチーズソースを和える。
⑦①のズッキーニの水気を切ってパスタに加え、そっと混ぜ合わせる。

⑦皿にサービス後、お好みでブラックペッパーとオリーブオイルをかける。


バージョンアップして、サーモンのほぐした身を入れてもおいしいです。
塩サケが残ったので、入れてみたらこれもGOODでした。

s-IMG_7685.jpg


パスタもズッキーニも、水っぽくならないようによく水分を切るのがポイントですよ~



スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

22:33  |  パスタ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

エビとズッキーニのタリアテッレ

2014.07.02 (Wed)

ズッキーニはエビとも大の仲良し!
何気ない材料ですが、これが簡単でおいしい~!

ここではタリアテッレを使いますが、スパゲティでもショートパスタでも、OKです。
エビの種類は、小さすぎないブラックタイガーなどがおすすめですが、有頭が手に入るといい出汁が出ます。


ガーリック風味のトマトソースで和えた
エビとズッキーニのタリアテッレ

s-IMG_7472.jpg

◇材料 (4人分)

タリアテッレ   280g
エビ       16尾~(エビの大きさで調節)
ズッキーニ    1本~
濃縮トマト    大さじ2~3
ニンニク     2かけ
バジリコの葉   3、4枚+飾り用
エクストラバージンオイル 大さじ3
塩、コショウ    適量
砂糖        一つまみ

◇作り方

①エビの殻をむき背ワタをとって綺麗にお掃除する。
 エビが大きい時、または数が足りない時は、半身に切るとよい。
 有頭エビの場合は、出汁用に頭部は切り離しておく。
(頭部は全部使うとしつこい味になるので、半分ほどでよいかと思います)
②ズッキーニを千切りにする。ニンニクは皮をむいてつぶす。
  バジリコの葉は、飾り用を取り、残りは極細の千切りにする。
③小さなボウルに、濃縮トマトとオリーブオイル、ニンニクを混ぜておく。
④お湯をわかしてパスタをゆで始める。
⑤③のトマトソースを火にかけ弱火でひと煮立ちさせる。ズッキーニを加え柔らかくなったら、さらにエビを加える。
⑥エビに火が通ったら塩とコショウで味付けをし火を止める。砂糖を一つまみ入れると味がまろやかになる。

煮詰まってしまうようなら、少しだけ水を足してください。

*有頭エビがある時は、⑤でトマトソースと一緒に頭部分を煮出すと、さらに美味しいエビのダシが取れます。
 その時はひと煮立ちではなく、水を少々加えてしっかりと煮出してください。

⑦⑥で作ったソースに、アルデンテにゆで上げたタリアテッレの水分をよく切って和える。
  さらにバジリコの極細切りも加え、塩加減を調節する。

⑧皿にサーブしてから、オリーブオイルをまわしかけバジリコを飾る。


エビのプリンプリン感を上手に出せれば成功!
濃縮トマトが手に入らない時は、トマトピューレや水煮トマト缶でも代用できますが、個人的にはあまり水っぽくならないように程よく煮詰めた方がおいしいと思います。(が、お好みです!)


テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

02:07  |  パスタ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ふんわり卵とベーコン&ズッキーニのパスタ

2014.07.01 (Tue)

卵とベーコン&ズッキーニは、相性ばっちりの名トリオ。

卵を使ったパスタってあまりないですが・・あっという間にできあがるこんなのはいかがでしょう。
休日のスピードランチに、おすすめです。


卵の優しさに包まれる
ふんわり卵とベーコン&ズッキーニのパスタ

s-IMG_7438.jpg

◇材料 (4人分)

・好みのショートパスタ 280g
・卵             4個
・パルミジャーノチーズすりおろし   大さじ4
・ベーコン        お好みで適量(キューブ型、あるいはスライスを食べやすい大きさに切ったもの)
・ズッキーニ       1本~

・エキストラバージンオリーブオイル 適量
・塩、黒コショウ     適量


◇作り方

①ズッキーニをキューブ型に切る。
 千切りでもいいけれど、ズッキーニのジューシーな食感を楽しむのなら、キューブ型がおすすめ。
②卵を割りほぐし、パルミジャーノのすりおろしと塩を一つまみを加えてよく混ぜる。
③お湯を沸かしてショートパスタをゆで始める。
④ベーコンをフライパンで炒める。さらにズッキーニを加えて炒めるが、ベーコンからの油が十分ならそのまま、もしも油分が足りないようであれば、オリーブオイルを適量加える。
⑤アルデンテにゆであがったパスタの水分をよく切り、④のフライパンに加えてひと加熱しながら塩加減を調節する。
⑥フライパンに②の玉子を一気に入れたら火を止め、余熱で半熟になるまでざっくりと混ぜ合わせる。
⑦皿に盛って、オリーブオイルとブラックペッパーをかける。


温めなおすと卵に火が入りすぎて硬くなってしまうので、出来上がりをすぐに食べるのがおいしいです。
全員が食卓についてから、⑥以降の調理をするのがおすすめ。





テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

22:42  |  パスタ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

日曜日、遅めのランチにイカ墨スパゲティ

2014.05.05 (Mon)

のんびりまったりの日曜日。

朝食が遅いので、自然とランチの時間も午後にずれる。

午後2時頃になるとお腹がすてくるので、何か食べたい!それも美味しいものが食べたい!

というわけで、作ったのがイカ墨スパゲティ。
時々むしょうに食べたくなります。

大好きなので、本場ベネチアをはじめいろいろな所で食べたけれど、ここのイカ墨スパゲティが一番おいしいと思ってます。
そこで聞きこんできたレシピに、ちょっとアレンジした我が家風。

なかなかイケるのです。
イカ墨さえあれば簡単にできるので、レシピ載せておきますね。

s-IMG_6773.jpg

□材料 (2人分)

・スパゲティ  180g
・小ぶりのイカ 適量
・イカ墨(パックになっているもの) 8g
・アンチョビのみじん切り 大さじ2
・バター  20gぐらい
・オリーブオイル
・白ワイン 大さじ1
・塩、コショウ
・お好みで イタリアンパセリのみじん切り

□作り方
①イカをきれいにお掃除して、胴体、足はそれぞれ食べやすい大きさ(小ぶりがベター)に切る
②イカ墨をパックから絞り出して、大さじ1のワインで溶いておく
③フライパンにオリーブオイルを適量入れて、①のイカとアンチョピをさっと炒める
④ふたをして弱火で10分くらい蒸し煮にする→イカから水分が出てくる
⑤ワインで溶いたイカ墨を加えて、さっと煮と煮立ちさせたら火をとめる
⑥アルデンテにゆで上げたスパゲティの水分をよく切り。⑤のソースに加え、バターを散らしてよく和える
⑦塩コショウの加減をみてできあがり!
⑧皿に盛り付け、お好みでパセリのみじん切りをトッピングする
20:04  |  パスタ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。