09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ワイン造りの現場で

2014.10.20 (Mon)

10月2週目、トスカーナ州にブドウ畑とカンティーナを持つKさんを訪ねました。

Kさんは、日本人女性なのですが、トスカーナに畑と家を購入し、女手ひとつでB&Bを経営しながらブドウの栽培とワイン造りをしている、信じられないほどパワフルな方です。

本当は、収穫のお手伝いをさせていただく予定でしたが、天候の関係で収穫が1日早まり、タッチの差で体験できず。。残念

でも、先に収穫してあったサンジョベーゼ種を使ってのワイン造りを、ほんのちょっぴりだけ体験させていただきました。



畑では、まだカベルネが収穫を待っています。
ずっしりと実ったひと房ひと房が、その重さで今にもこぼれ落ちそうです。

ss-IMG_9089.jpg



緩やかな斜面に、白ブドウと黒ブドウを何千本も植えられています。
よく手入れの行き届いた、みごとなブドウ畑です。

ss-IMG_9087.jpg



手摘みで丁寧に収穫されたブドウは、皮や種ごと大きなステンレスタンクの中に入れ、最初の発酵をさせます。
大きな木製の道具を使って、1日2~3回ブドウをかき混ぜるそうです。
約1週間前に収穫したブドウですから、6日ほど続けていることになります。

ss-IMG_9047.jpg



ブドウの実の表面には、もともと酵母がありますが、きっちりと衛生的に発酵させるために、ワイン専用の酵母と、酵母の栄養を混ぜ込んでおきます。

これは、専用のワイン用酵母と、その酵母の栄養。こんなのを売っているそうです。

ss-IMG_9066.jpg


こちらは、白ワイン用のステンレスタンク。
9月に収穫された白ブドウが、発酵中。

タンクは温度や圧力が自動制御されていて、ブドウにとって居心地のいい部屋を提供しています。
最新式でとても優秀そうなタンクです。

ss-IMG_9073.jpg



タンクの蓋を開けると、発酵中の白ブドウが眠っています。

ss-IMG_9059.jpg




赤ワインのタンクから、少量のサンプルを取り出し、糖度やアルコール度を測ります。
これは、アルコール度の測定器。
シンプルな道具ですが、あっという間にアルコール度が測定できてしましました。

ss-IMG_9070.jpg

彼の本職は彫刻家なのだそうです。
芸術のみならず、ワインの醸造家としての知識もとても深く、Kさんのカンティーナのエノロゴを全面的に引き受けている素晴らしい能力の持ち主。

糖度、アルコール度とも満足の行く数値だったので、ブドウを漉すことになりました。


まずは、タンクの上澄みを漉し取ります。
タンクを傾けながら、慎重にジュースを取り出していきます。

ss-IMG_9077.jpg



タンクに残ったブドウを、さらに漉してジュースをしっかりと抽出します。
エノロゴ氏は、「この道具は古いから新しくしないとね~」などと言いながらも、どんどん作業を進めていきます。

ss-IMG_9084.jpg


ここで取り出したジュースを、今度は専門機関に出して、酸度やタンニンなど、さらに分析をしてもらうそうです。

取り出したブドウの果汁は、再度タンクに戻し、今回の作業はとりあえずここまで。



まだまだ作業は続くようですが、果汁はおいしいワインになるまで、しばらく静かな眠りにつくのですね。


スポンサーサイト
20:16  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ひさびさの畑

2014.10.19 (Sun)

雨が続いたり、所要もあり畑に来たのは2週間ぶり。

10月になって、畑仕事のペースはずいぶんゆっくりになってきました。

ほっておいても、野菜たちは毎日育ってくれます。
植物ってすごい。お日様の光と水と土と、少しの肥料でどんどん成長するんだから。


ブロッコリーがいい感じにちょうど収穫時です。

ss-無題

ブロッコリーってこんなふうにできるんですね。
実は、実際にブロッコリーが畑で実っているところを初めてみました・汗

葉がワイルドにどんどん成長して、その中に食用部分である花のつぼみの集団がこじんまりと現れてきます。


今回、紫色のブロッコリーも育ちました!

ss-perple.jpg


育てているときは、普通のブロッコリーだと思っていたのでできてみてびっくり!

でも、ゆでたらふつうの緑のブロッコリーに変身してしまいました。
食用部分が柔らかくて、いつも食べる緑のブロッコリーよりも繊細な感じでした。

その他にも、野菜はどんどん育ってくれています。


これは、プンタレッラ
しゃきしゃきとした食感と、ほろ苦さが独特のイタリア野菜です。
真ん中に、にょきにょきっと生えてくる、芽の部分を食べます。

ss-IMG_9171.jpg



キャベツは、まだもう少し。

ss-IMG_9172.jpg



紫のチコリ 完全に紫になる前に葉ワイルドになりすぎてる!
いつ収穫していいのか、収穫のタイミングがわからない~~

ss-IMG_9175.jpg



12株ぐらい植えたレタスは、なめくじ被害でほぼ全滅。
この1株だけが、美しく育ってくれました。

ss-IMG_9173.jpg



大根。ずいぶん大きくなりました。異国の地でがんばれ~~

ss-IMG_9189.jpg




畑の周辺もずいぶん秋らしくなってきました。
木々の葉が紅葉し始めています。

ss-IMG_9185.jpg



畑をお借りしている農家の先生のところには、動物もたくさんいます。
これは、なんていう動物かな。ヤギの一種??のんびりと外を見ていて気持ちよさそう!

ss-IMG_9192.jpg


春から夏の終わりにかけての、激しい太陽の光はずいぶん弱くなってきました。
2,3日見ないと、育ちすぎてしまっていた野菜の成長の勢いも、ペースダウン。

秋なんですね~。

畑に来ると、四季の移り変わりを肌で感じます。


テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

10:14  |  自家農園  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。